PB フイルムについて


フ イルムの種類がどんどん減り高騰していく中で、ずっと使い続けられるいい写りのフイルムをなんとか用意できないかとずっと考えてきました。試行錯誤を重ね いよいよ、

PB(ペーパーバック)フイルムをRAINROOTSからスタートします。


すでに現像チケットセットからプレスタートしていましたが、2018年3月中旬よりフイルム単体での販売を始め、店頭に並べます。郵送でも近日カートにの せる予定です。

価格は1本680円 カラーネガフイルム 28枚撮り ISO400

通販はコチラから→ http://rainroots2005.shop-pro.jp/ (現在準備中)

写りや雰囲気はRAINROOTS HPのPB film web gallery でもご覧頂けます

http://rainroots.main.jp/pbfwg.html  

ではいったいこのフイルムはなんなんだ?というと、PBフイルムは長巻きのカラーネガフイルムを切ってつめたものです。ただし現像行程が普通のフイルムと は異なるので機械にいれると故障してしまうため、RAINROOTSでモノクロフイルムと同様に手現像を行います。従ってPBフイルムの現像は現時点では RAINROOTSに限られます。

*まだ発展途上のフイルムです。これからさらに現像行程や色味などを詰めていく中でより可能性を広げていけるように感じていますし、web galleryをご覧頂ければその流れが理解できるかと思います。

フイルムが1本1000円の時代に近づいている今、このままいくとフイルムは愛好家かお金持ち、またはたまに写真を撮る人たちが使うものになるのではない か、、そんな危機感を感じたときからこのプロジェクトを始めました。
日々の中で写真を撮る人たちがずっと使える質のいいフイルムを提供し続けたいと思って います。

また、今回のもう一つの目的はISO1600のカラーネガフイルムを作る事でもありました。
先日国内でISO1600のカラーネガは生産を終了し、ナチュラやクラッセなどのカメラはあるのに一緒に使うべきフイルムがなくなるという残念な事態に なっています。
DXコードにあわせたラベルを貼って販売する事で、ナチュラやクラッセなどのNPモードにも対応できるようにと考えています。ただいま最終テスト中、終了 次第ISO1600のPBフイルムも販売する予定です。

ko
photo by Osamu Kanemura
kh
photo by Hiroko Komatsu